【平塚】麺肆 秀膽(めんし ひでたん)の濃厚鶏白湯ラーメンは絶品!平塚の名店入り間違いなし

麺肆 秀膽

西湘地域は最近塩ラーメンが熱いですよね!大磯の海そばや、二宮の生竜など、淡麗系の塩ラーメンの名店が多い印象ですが、今回ご紹介するのも塩ラーメンの名店「麺肆 秀膽(めんし ひでたん)」です!

とても難しい漢字ですが、「肆」は「品物をならべて売る店」という意味なので、ラーメン屋さんという意味になります。以前は、「ひでたん」という店名でやられていたので、その名前を引き継いでいる形になります。初見で読める人はいるのでしょうか…自分は全く読めませんでした。

店名からもこだわりのラーメンを提供してくれそうな気がしますね…!というわけで、今回は、平塚で鶏白湯ラーメンを提供している「麺肆 秀膽(めんし ひでたん)」をご紹介します。

目次

麺肆 秀膽(めんし ひでたん) とは

麺肆 秀膽とは、平塚駅西口徒歩3分のところにあるラーメン店になります。以前は「ひでたん」という店名でしたが、現在は麺肆 秀膽(めんし ひでたん)という店名になっています。

このお店の名物は鶏白湯スープです!鶏白湯スープは最近女性からも人気で注目を浴びているスープです。

鶏白湯とは
鶏白湯とは、塩タレのカエシを鶏ガラを砕き長時間煮込むことで旨味を引き出した濃厚な出汁で割って出来るスープのこと。醤油・塩・味噌・豚骨に次ぐ第5のスープと呼ばれています。
店舗前写真

入り口は、初めての人はわからずスルーしてしまうかもしれないほど、こじんまりとしていて和食屋のような佇まいです。11時半からOPENするのですが、11時31分に行ったらすでに4名先客がいました。

店内に入ると左手に食券機があり、そこで食券を購入してカウンターに載せてオーダーする流れです。

券売機

今回は券売機の一番左上にある「塩らぁ麺大盛り(鶏白湯)」と「味玉」を注文しました。一番左上にあるメニューが一番人気メニューですからね…!

一番人気メニューが850円ってのはかなり安いのではないでしょうか。良心的です。味玉も90円は安いです。

カウンターに貼ってあるこだわり

カウンター前には、こだわりのスープやタレ、そして麺がどうやって作られているのか書かれています。自信があるからこそなんでしょうね。

ご主人1人で切り盛りしているようで、厨房からは「お時間かかりますがよろしいですか?」「ゆっくりくつろいでお待ち下さい〜」と優しいお声がけが。ワンオペなのですから、ゆっくり待てる方だけ行きましょう!

コロナ対策もしっかりされていて、席と席の間にはアクリル板が設置されています。また店内には飲食時の会話は控えてほしい旨が書かれた紙が貼ってありました。

10分ぐらい待っていると、ラーメンが到着!

塩らぁ麺大盛り 味玉トッピング

かなり大きめのチャーシューが目を引きますが、香りもとても良く期待値がかなり上がります。麺は細めんで、スルッと入っていきそう。これは男性で食が細い方でなければ大盛りでいい気がします。

味玉はトッピングですが、上に載っている具材はメンマ・ねぎ・チャーシュー・なるとです。

持ち上げ写真(ピントズレてる…)

スープは、濃厚鶏白湯と書かれているだけあって、かなり濃厚に仕上がっています。また鶏白湯なので、鶏が強いのかと思いましたが、それに負けないレベルで魚介の味がします。ちなみに無化調ということです。100%国産小麦の麺とバランスよく絡み、レベルの高いスープです。

味玉は中が半熟で、噛むと黄身がどろっと出てくるほど。こんなにキレイに剥けているのにここまで半熟なのは結構作るの大変だと思います。こだわりを感じます。

チャーシューは大きめで薄くスライスされてます。燻製されているのか良い香りがします。スープの温度でだんだんと柔らかくなっていき、浸して麺を巻いて食べると、豚チャーシューと魚介と鶏のスープが絡み、また違った味わいを感じさせてくれます。メンマとネギは普通です。

お店の場所はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次